渡辺えり&cobaの「ひまわりの種をポケットに」を聴く

「おしん」のロケ地になった山形県酒田市の山居倉庫coba
「おしん」のロケ地になった山形県酒田市の山居倉庫
coba

ウクライナに捧げる反戦歌「ひまわりの種をポケットに」

劇作家、演出家、女優、また歌手としても活躍する渡辺えりが作詞、アコーディオニスト・作曲家のcobaが作曲した反戦歌「ひまわりの種をポケットに」が2022年5月2日にリリースされました。

この楽曲は YouTube MusicApple MusicAmazon Music UnlimitedLINE MUSICAWAKKBOXSpotify などの音楽配信サービスでデジタル配信されています。

[デジタルリリース楽曲]
ひまわりの種をポケットに
1. ひまわりの種をポケットに
2. ひまわりの種をポケットに(instrumental)

渡辺えり&coba「ひまわりの種をポケットに」デジタル配信先の詳細はこちら

ひまわりの種をポケットに by 渡辺えり & coba
アルバム • 2022年 • 2曲 • 10分

ウクライナ女性がロシア兵に対し「あなたが死んだ時にひまわりの花が咲くように」とポケットにヒマワリの種を入れるように訴えたというニュースが世界に報じられた。

ひまわりはウクライナの国花である。

この事柄を知り、反戦の思いを渡辺えりが詞に託し、cobaがメロディを紡いだ1曲。

今の世界情勢を念頭に渡辺えりのヴォーカルとcobaのアコーディオンが戦争反対を唄い上げる。

ニュースリリースより

渡辺えり & coba、「ひまわりの種をポケットに」を配信開始|THE MAGAZINE
渡辺えり & cobaの「ひまわりの種をポケットに」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「ひまわりの種をポケットに」「ひまわりの種をポケットに (Instrumental)」となっている。

この楽曲が生まれた経緯

この曲のリリースとあわせて「えり*こば AVANT-GARDE(アバンギャルド) Vol.1」と題したライブが5月2日に六本木クラップス、3日にまほろ座MACHIDAで全4公演ライブ配信付きで開催されました。

このライブのトークで「ひまわりの種をポケットに」が生まれた経緯について渡辺えりとcobaはこのように語っていました。

ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻のニュースを受け、cobaは反戦の思いを音楽家として形にしようと渡辺えりに歌詞を依頼します。

cobaは渡辺えりから送られてきた歌詞に強い感銘を受け、あふれるように浮かんできたメロディを歌詞と合わせ口ずさみ号泣しながら作曲し、一晩でこの曲を書き上げます。

そして渡辺えりはレコーディングに向けて歌を覚え練習しようとしますが、cobaのメロディに乗せて歌おうとするもこの楽曲に込めた思いが強すぎて胸がつまり、なかなか進むことができなかったのだそうです。

当初cobaはこの楽曲「ひまわりの種をポケットに」をまずYouTubeで発表するつもりでしたが、渡辺えりと相談してデジタル配信することにし、その売上からウクライナ大使館に寄付することに決めたということです。

「ひまわりの種をポケットに」 YouTube Music / Apple Music / Amazon Music Unlimited / LINE MUSIC / AWA / KKBOX / Spotify / TOWER RECORDS MUSIC / Rakuten Music

その他各配信サービスへのリンク:ひまわりの種をポケットに

ひまわりの種をポケットに by 渡辺えり & coba
アルバム • 2022年 • 2曲 • 10分

非戦を選ぶ演劇人、渡辺えり

渡辺えりは演劇を志して山形から18歳で上京し、23歳で「劇団3◯◯(さんじゅうまる)」を旗揚げします。

自身が作・演出・出演する、現実と幻想が入り乱れ時空を超えるノスタルジックな世界を描いた独特な作風の舞台で80年代の小劇場ブームをけん引しました。

舞台だけではなく「おしん」をはじめテレビドラマ、映画やバラエティ番組でも活躍し、幅広い層におなじみの人気女優であることは言うまでもありません。

「おしん」のロケ地になった山形県酒田市の山居倉庫

「おしん」のロケ地になった山形県酒田市の山居倉庫

そしてまた「非戦を選ぶ演劇人の会」の実行委員、「マガジン9条」発起人の一人でもあり、ピースリーディングや講演など平和を願い戦争を考え、くい止めようとする活動を行っていることも知られています。

この人に聞きたい|マガジン9
この人に聞きたい|マガジン9

2003年2月14日、平和を願う演劇人が集まり、日本の有事法制や、国連各国の反対を押し切ってイラクの国土とイラク人への攻撃を宣言したアメリカとそれを支持した日本政府に対し、「対話を重視し、武力による外交手段に反対すること」「人権を軽視する法案に反対すること」「戦争に反対すること」が呼びかけ文として作られ、多くの演劇人の賛同を得、「イラク攻撃と有事法制に反対する演劇人の会」として活動を始めました。

(呼びかけ文より)

対話によって成立する演劇は、武力攻撃による外交手段に反対します。

人間を中心に据えた演劇は、人権を軽視する法案に反対します。

演劇は戦争に反対します。

「非戦を選ぶ演劇人の会」会の紹介より

渡辺えりは少女の頃いじめに遭い、夢と現実のギャップや不平等な世界と矛盾を知り、演劇の夢を追うようになります。

そして演劇を通して人間は何のために生きているのか、今生きているということ、「人間である」ということはどういうことなのかを伝えたいと言います。

──渡辺さんの元気の素は何でしょうか?

「報われない夢があるので、それを実現させたい。まだ、ぜんぜん実現しないことが多いから、実現するまでその夢を諦めないでやろうとしているところが、やっぱり元気の素かなとは思いますけど」

──その夢とは?

世界平和が一番の夢です。世の中から戦争をなくしたい。でもなかなかなくならないじゃないですか。だから、これはもう、なくなるまでしつこく諦めないで、演劇の力ででも、言葉の力ででも、やっていきたいと思います。それが元気の素だって言ったら、戦争で亡くなった方に対して申し訳ないですけど……戦争はなくすんだっていう思いを、今の世代の私たちが諦めちゃったら終わりですから。

「fumufumu news-フムフムニュース-」
連載「NEOFIFTY -新50代の生き方-」インタビューより

渡辺えり、死ぬ気で舞台を続けてきた44年間と封を切らなかった両親からの手紙 | fumufumu news -フムフムニュース-
劇作家・演出家・俳優として、幅広く活躍し、60代の今も情熱的に仕事に人生に向き合い続けている渡辺えりさんのロングインタビュー【第1回】をお届けします。熱のこもった言葉から、生きていく元気をもらえるはずです。
渡辺えり、離婚や事務所独立で“本当にひとり”になってからの自分を支えているもの | fumufumu news -フムフムニュース-
劇作家・演出家・俳優として、第一線で活躍する渡辺えりさん。ロングインタビュー【第2回】では、人生の転機、諦めない夢について、67歳の今思うこと、気持ちを浮上させる恋心(!?)について……など、たっぷり語っていただきました。

渡辺えりにとって演劇も非戦の活動も、「人間である」ことへの真摯な問いかけと人間への深い愛情からくる当たり前の行いなのでしょう。

演劇はコミュニケーションの芸術である。

生身の人と人とが直接に対話し触って構築する作業で、相手の痛みを感じ思いやる心がなければ、つくることのできない行為なのである。

山形新聞連載
「渡辺えりの ちょっとブレーク」より

この山形新聞の連載コラムは全バックナンバーが読めて大変ありがたいです。少しずつ大事に読みたいと思います。

渡辺えりのちょっとブレーク|山形新聞
山形市出身の劇作家・女優の渡辺えりさんが...

渡辺えりとcoba

「えり*こば」ライブでは渡辺えりがcobaのライブに初めて行ったときのことも語られていました。

20年以上前、芝居公演のため広島を訪れた渡辺えりはその日広島で行われていたcobaのライブに足を運びます。

そのとき渡辺えりが演じていたのが自殺してしまう役だったのと、その前年に急逝した劇作家・演出家の如月小春を追悼するための台本を執筆中で、渡辺えり自身も「自殺しようか」と思い詰めるくらい落ち込んでいたのが、cobaの音楽と演奏に力をもらい「よし!生きていこう!」と切り替えることができたのだそうです。

(調べてみるとそのとき渡辺えりが出演していた舞台は2001年の白石加代子との二人芝居「おやすみ、母さん」で、cobaのライブツアーはcoba tour 2001 10th anniversary「festa di coba」だったようで、偶然にも同じ広島アステールプラサでの開催でした。)

それ以来、渡辺えりはcobaの音楽に惚れ込み、自身の演劇作品の音楽監督として招くばかりかアコーディオンをモチーフにした舞台※へ演奏だけでなく役者としての出演まで実現させています。

(※劇団宇宙堂「風回廊」2005年。オフィス3◯◯「風回廊」DVDパンフレット販売中です。山形新聞のコラムでも「風回廊」について書かれています。

(10)劇団5周年の新作~渡辺えりの ちょっとブレーク
 私の主宰する劇団宇宙堂の新作「風回廊」の幕が上がった。東京、長野、山梨、埼玉と4カ所の公演である。

それからcoba tour 2003「運命のレシピ」のツアーパンフレットに渡辺えりが寄せた「光の恋人」というタイトルの文章が何度読んでもしびれるくらい本当に素晴らしくて大好きです。

激しくて静か、悲しくて楽しい。寡黙な詩人の瞳のくせに語る言葉は星の数。そして夜なのに光がある。光の言葉が、光の音楽が胸に沁み込むから泣けてくる。そして明日はきっと笑っている。夜に光をくれる恋人。それがcobaさんの音楽だと思う。

coba tour 2003「運命のレシピ」ツアーパンフレット
渡辺えり子(当時)「光の恋人」より

cobaファンの筆者オススメのアルバム紹介記事はこちら

cobaのアコーディオンを聴きたいあなたにcobaファンがオススメするアルバム12選
cobaのアルバムは45枚! coba(アコーディオニスト・作曲家)は1992年のメジャーデビューファーストアルバム「シチリアの月の下で」(日本レコード大賞特...

「ひまわりの種をポケットに」の歌詞のナゾ

話を「ひまわりの種をポケットに」へ戻すと歌詞で気になった部分がひとつありました。

渡辺えり, coba - ひまわりの種をポケットに の歌詞
渡辺えり, coba の ひまわりの種をポケットに の歌詞 | 作曲: coba 作詞: 渡辺えり | 歌詞: 太陽の花咲くふるさとに 戻る日はいつだろう ふるさとに残した母の声が耳に残る 兵士の胸に ひまわりの種を母が差し出す 自分の息子と同じ歳の敵国の兵士に あなたが死んだら その胸から太陽の花が咲くようにと ...

かつて緑の指を持つ少年が
敵を撃とうと構えた銃口に
平和の花を咲かせたように

作詞・渡辺えり「ひまわりの種をポケットに」より

「緑の指を持つ少年」とは?

「かつて〜ように」と言うからには元になるようなお話があるのかなと思って調べると「みどりのゆび」という児童書があることが分かりました。

みどりのゆび - 岩波書店
裕福に暮らすチト少年は,お父さんの仕事を知り,驚きました.不思議な〈みどりのゆび〉をもつトチトは,町じゅうに花を咲かせます.

裕福に暮らすチト少年.お父さんが兵器を作る人だったことを知り,驚きます.じぶんが不思議な〈みどりのゆび〉をもっていることに気づいた少年は,町じゅうに花を咲かせます.チトってだれ?

さっそく買って読んでみると、詩的な美しい童話でした。

「ひまわりの種をポケットに」の「緑の指」が気になった方はご一読をオススメします。カラー挿絵の美しい愛蔵版も欲しくなりました。

愛蔵版 みどりのゆび - 岩波書店
みどりを芽生えさせ,花をさかせることのできる親指をもつチト.不朽の名作をカラー絵満載の豪華本で.

「えり*こば」ライブで受け取ったもの

「えり*こば」ライブで歌われたのはラテンの「エル・クンバンチェロ」から始まり、「脱走兵」「悪い予感」「Padam Padam」などのシャンソン曲、「風回廊のテーマ」などの劇中歌、渡辺えりが日本語詞を書いた「白い自転車」「チェ タンゴ チェ」などのピアソラ曲、そして「ひまわりの種をポケットに」、さらにアンコール曲は山形民謡「最上川舟唄」!!!

渡辺えりの信念や生き方がつまった迫力のあるボーカルにcobaのアレンジ、アコーディオンがうねり、反戦の強い思いと人間の尊厳を讃える感動的でとても濃密な時間の最高のライブでした。

これからも継続して「えり*こば」が催されますように。

「えり*こば」から受け取ったひまわりの種をポケットに入れて絶望せずに生きて行こうと思います。

ひまわりの種をポケットに by 渡辺えり & coba
アルバム • 2022年 • 2曲 • 10分

「えり*こば」ライブのアンコールラスト曲「サマータイム」(日本語詩・渡辺えり、編曲・coba)収録のアルバム「夢で逢いましょう」(2017年)は↓こちら。

タワーレコードで「夢で逢いましょう」を買う

コメント

タイトルとURLをコピーしました